TOPへ戻る
App-BEST
用語集 MyAPP

〇〇ペイ乱立!流行りの電子決済何があるの?

電子決済には、SuicaやEdyなどのFelicaタイプ、世界的にはLINEPayやPaypayなどのバーコード決済が主流となっています。それでは今どのような電子決済があるのでしょうか。それぞれのご紹介します。

電子決済とは

参照 ApplePay

電子決済とはApple  Payなどの決済サービスを使って、キャッシュレスでスーパーやコンビニなどで支払いをすることができます。

このことにより、現金を準備することなく支払いをすることができるので便利です。

主な電子決済

参照 楽天Pay

それでは、よく使われている主な電子決済をご紹介します。

Suica

交通系電子マネーとしてJRなどの交通手段にキャッシュレスで利用することが出来る他、コンビニやスーパーマーケットでも利用することができます。首都圏以外でも、北海道から九州まで利用可能です。

Edy

楽天が運営をしていますが、楽天以外のコンビニなどでも利用可能で、電子決済サービスの中でも利用できる店舗数は日本でもトップクラスなのです。

LINE Pay

銀行口座から自動的にチャージをできる他、コンビニでもチャージができる前払い式となっています。LINEで利用履歴を確認することができ、家計簿アプリとも連動しているため管理がしやすいのが特徴です。

Apple Pay

モバイル決済はAndroidが先行していたのですが、iPhoneでも対応できるモバイル決済として誕生したのがApple Payです。様々なクレジットカードを紐づけることができ、またiD/QUICPayの加盟店にて利用することができます。

さらにSuicaの登録をすることもできるため、JRなどをよく利用するユーザーにも便利です。

楽天Pay

楽天が運営している楽天payは、楽天スーパーポイントが利用額の0.5%貯まるため、楽天をよく利用しているユーザーにとってはおすすめできるモバイル決済です。また支払い時に利用したクレジットカードでもポイントを貯めることができ、お買い物ごとに二重にポイントが貯まるメリットがあります。

PayPay

支払い金額に応じて0.5%ポイントを貯めることができ、キャンペーンなどを利用することで最大3%の付与となります。キャンペーン内容は頻繁に変わり、お得になることが多いモバイル決済です。

また新規登録をするだけで、500円分のプレゼント実施中です。

電子決済を使うメリット

参照 Paypay

それでは、電子決済を使うメリットをご紹介します。まずクレジットカードや銀行口座を登録しておくことで、決済が早くなります。店舗にて、専用の端末にかざすか、QRコードを読み取るだけです。

また現金を持ち歩かなくて買い物ができる店舗が多く、あわててATMに行く必要がなくなるのです。さらに多くの電子決済サービスで、ポイント還元があります。クレジットカードを登録することで、一つの買い物でクレジットカードと電子決済の両方のポイントが同時に還元されるのです。

電子決済は銀行口座を登録することもできるので、クレジットカードは使いたくない、使えないといった人にもおすすめです。特に前払いや即時支払い方式の電子決済を使えば、クレジットカードのようにあとから請求が来ることもありません。