App-BEST
用語集 MyAPP

強制シャットダウンを防ごう!スマホのバッテリー節約術

スマートフォンでできることが増えており、動画の再生やアプリでゲームをするなどバッテリーが早くなくなることがあります。しかし大事な時にバッテリーが足りずに、連絡がとれなかったというケースこれまでになかったでしょうか。

ここでは、そのようなことがないように、スマホのバッテリー節約術をご紹介します。

スマホのバッテリーを消費しやすい原因とは

スマホのバッテリー消費を節約するためには、原因を知っておく必要があります。それでは、消費しやすい主な原因をご説明します。

不必要な通信をしている

不必要な通信を設定していると、その分電力が必要となります。たとえば、位置情報の確認を有効にしている状態だと電力が必要になる機会が増えます。GoogleMapなど位置情報が必要な時だけオンにするとよいでしょう。

またイヤホンやプリンタなど無線でつなぐBluetoothも同じです。いずれもアプリ一覧から停止をすることができます。

画面が明るすぎる

ディスプレイで明るさ設定をできるのですが、明るく設定している場合は余分にバッテリーを消耗します。ディスプレイの明るさ調整は、アプリ一覧の設定から簡単にできます。

スマホのバッテリーの節約術

それでは、スマホのバッテリーの節約術をご紹介します。ちょっとした工夫で、バッテリーを長持ちさせることができます。

省電力モードを利用する

利用しているスマートフォンに、省電力モードがある場合は利用することをおすすめします。一つずつ設定をしなくても、バッテリーの節約をするような設定にしてくれるのです。iPhoneなら設定→バッテリー低電力モード、Androidなら設定→電池→バッテリーセーバーで設定をすることができます。(設定方法が違う機種もあります。)

バックグラウンドでの更新をオフにする

アプリを操作していなくても、バックグラウンドで通信をしているつまり、自動で内容が更新されることがあります。便利な機能ではありますが、電力を消耗するためバッテリーの持ちが悪くなります。設定からオフにしておくとよいでしょう。

無駄なアプリをアンインストールする

設定アプリからバッテリーに進むと、それぞれのアプリに必要な電力の詳細を見ることができます。普段使わないアプリなのに、電力だけを消耗していることがあります。

必要のないアプリがあるのであれば、アンインストールすることも必要になるでしょう。普段からどのアプリがバッテリーを使うのかを把握するようにしておくと、バッテリーの節約になります。

 

ストアに接続中…