App-BEST
用語集 MyAPP

ゲームジャンル解説:マッチ3ゲームとは

ゲームには様々なジャンルがあります。マッチ3ゲームも、その一つです。近年、スマホゲームの普及とともに、マッチ3ゲームを採用したスマホゲームが増えつつあります。

マッチ3ゲームとは何か?紹介します。

 

マッチ3ゲームとは?

引用:Google Play

 

マッチ3ゲームとは、同じ絵柄を合わせて消していくパズルゲームです。2000年初頭にリリースしたブラウザゲーム「Diamond Mine」が始まりといわれています。

 

フィールドに敷き詰められたブロックを操作し、縦横続けて3つ揃えてブロックを消していくのです。

 

また、近年では5つブロックを揃えたりなどの亜種作品も多くリリースされています。過去作品には、同じ絵柄を一列揃えて消す「ヨッシーのクッキー」もありました。

 

条件が難しくなっていますが、基本は同じ「絵合わせパズル」といえるでしょう。

 

マッチ3ゲームの目的

引用:Google Play

 

マッチ3ゲームは、ステージで用意された条件を満たすことでクリアとなります。

 

例えば、「スコア5,000点獲得」や「赤ブロックを計100個消す」だったりと、決してすべてのブロックを消すことが目的ではありません。

というよりも、消したそばから追加されますので全消しにはならないのです。

 

ストーリーのあるゲームもありますが、基本的には物語が続いていくというわけではなく、一面ごとの独立したパズルといえるでしょう。

 

「数独」や「クロスワードパズル」に感覚が似ています。

 

マッチ3ゲームの特徴

引用:Google Play

 

マッチ3ゲームでは、ブロックを3つ以上揃えるのが基本となります。ブロックを動かし、縦横を揃えるのです。

 

ですが、好きなように動かせるのではなく、「動かすことでブロックを消せる」状況のときのみブロックが動かせます。

オセロと同じように、「ただ動かすだけ」はできないのです。

 

また、連鎖機能もあります。ブロックを消して新たにブロックが追加されますが、追加された時点でブロックが3つ揃っていた場合、コンボとなって自動で消していくのです。

さらには、追加されたブロックがまたそろっていた場合には再びコンボが成立し、大連鎖へとつながっていきます。

 

クリア条件の達成はもちろんですが、いかに沢山消すかのタイムアタックやスコアアタック要素もマッチ3ゲームにはあるのです。

 

ちなみに、入れ替えられるブロックが無ければ終了です。ゲームによってはシャッフル機能もありますが、ペナルティにあることもあり、可能な限り手詰まりにならないように行います。

 

主なマッチ3ゲーム

引用:Google Play

 

有名になり始めたのがスマホゲームからというものもあり、有名なタイトルはほとんどがスマホゲームです。

というよりも、タッチパネルの方が操作がしやすく親和性が高いため、ブラウザゲーム以外では、マッチ3ゲーム自体ほとんど見かけません。

 

有名なタイトルだと、「キャンディークラッシュ」や「LINE ハローBT21」などがあります。

他にも、育成とバトル要素がある「パズル&ドラゴンズ」、落ちものパズルでもある「ドクターマリオ」、指でなぞってつなげる「LINE: ディズニー ツムツム」などもあります。

 

まとめ

引用:Google Play

 

マッチ3ゲームは、話だけを聞くと「誰にでもできそう」なほど簡単に聞こえます。

実際、ルールもシンプルですし、お助けアイテムアイテムなどによって難易度はそんなに高くはありません。

 

ですが、高みを目指すと話は別です。ハイスコアを出すにはコンボなどが必要になりますし、高難易度のパズルだと、妨害ブロックなども多くなり一筋縄ではいかなくなってきます。

 

マッチ3ゲームは、シンプルだけどやりごたえがあるゲームといえるでしょう。

 

マッチ3ゲームはスマホゲームが多く、すぐにプレイすることができます。ダウンロードすればすぐにプレイできますので、ぜひ遊んでみてください。