TOPへ戻る
App-BEST
用語集 MyAPP

iPhoneもAndroidもだいたい同じ!スマホのデータ容量のあけ方

スマートフォンは、ほぼパソコンと同じことができるといっていいほど便利になりました。動画やアプリ、その他様々な要素ですぐに容量が一杯になってしまうユーザーの方もいらっしゃるでしょう。

容量が一杯になるとどんなことが起こるか

スマートフォンの容量が一杯になると、実際にどのようなことが起こるのでしょうか。それぞれ詳しくご紹介します。

参考 Amazon

動作が遅くなる

スマートフォンの容量が一杯になると、スマートフォンの動作が遅くなることがあります。文字をタップしていてもなかなか反応しない、ページがなかなか開かないなどの動作に影響がでるのです。

アプリがDLできない

スマートフォンの容量が足りていないと、アプリがダウンロードできなくなるだけでなく、アプリを使用中に強制終了してしまうこともあります。またひどい場合は、スマートフォンの電源がいきなり落ちてしまうこともあります。

動画撮影中に自動停止してしまう

スマートフォンの容量が足りなくなることで、動画を撮影していても強制的に停止してしまうことがあります。動画は容量が大きいものであり、十分な容量が必要なのです。

これらの症状は、Android、iPhoneに関係なく容量が少なくなるとみられる傾向にあります。そのため、ある程度の容量は常に空けておくことが大切です。

iPhoneは「設定」→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」→「ストレージを管理」で容量を確認することができます。またAndroidは「設定」→「ストレージ」で残り容量を調べることができます。いずれも簡単なので、定期的に確認をするとよいでしょう。

容量を空けるには

参考 Amazon

不要なアプリや写真、動画を消す

便利なアプリが多く登場しており、自然とアプリが増えている方多いのではないでしょうか。しかし不要なアプリをそのままにしていると、スマホの容量が増えていく結果となります。また写真や動画も増えてくると、大きな容量となりますので定期的に不要なアプリ、写真、動画は消していくことをおすすめします。

microSDカードやクラウドにデータを移す

Andoroidの場合は写真などのデータをmicroSDカードに移行することができます。iPhoneの場合は、専用のカードリーダーライターを使うことでmicroSDカードに保存が可能です。

またGoogleフォトやDropbox、Googleドライブなどのクラウドサービスに保存をすことができます。いずれもスマホ用のアプリがあり、簡単にデータを保存することができます。これらのクラウドサービスは、PCでも管理ができるため便利です。